鳶人TOP > バラエティ

ニコチンからの卒業!?鳶職人の禁煙外来のススメ

PAK75_kinentabako20141108122754-thumb-815xauto-17870

鳶職人の皆さん、今日もお仕事お疲れ様です!(特に今回はスモーカー鳶職人の皆さん!)
冒頭から、耳の痛いことを言ってしまってすみません。笑 そう、今回は煙草の禁煙の話題です。
愛煙家の鳶職人も、一度や二度くらいは禁煙しようと試みて挫折した経験を持っているのではないでしょうか?
稼いでいる鳶職人さんもいるとはいえ、煙草一箱450円前後。けっこうバカには出来ません。ちりも積もれば山となる金額・・・。

とはいえ・・・煙草が多くの鳶職人にとっての心の拠り所となっているのは事実。
ある意味鳶職人の象徴のようにもなっている部分もありますよねえ。とはいっても健康には有害ですし、ご家族がいらっしゃる鳶職人にとっては肩身の狭い思いをすることにも。愛する我が子にも少なからず悪影響もあります。禁煙したい!と思っても自分の力ではできないもの。そんなときの救世主が禁煙外来なのです!

1日1箱煙草を吸っているとしたら年間いくら??

“ちりも積もれば山となる”想像はできると思いますがわりと閲覧注意です。笑
禁煙のニコレット様のHPで計算してみました。
禁煙のニコレット|禁煙のガム(禁煙グッズ)や禁煙方法・効果の情報満載

1日あたり300円の場合・・・1ヶ月で9,000円、1年間では約11万円!(109,500円)
1日あたり410円の場合・・・1ヶ月で12,300円、1年間では約15万円!(149,650円)

おおー、予想はできましたがけっこうな金額。。笑 普通に海外旅行に行けちゃう金額になりましたねえ。
この数字を見ると、大分禁煙考えなきゃって思えたりしますよね。笑
2.3日に1箱だとしても、年間6.7万円は使っていることになります。

タバコを辞めるとメシがうまい!なんだか疲れにくい!

タバコを辞めるメリットの1つとして「ご飯がおいしくなる」ということ。もっと言えば「ご飯がおいしくなる」というよりも正常な味覚が戻ってくる。という感じです。ニコチンやタールを断ち切ると内蔵や消化器官が元気になって味覚嗅覚も復活するのだそうです。よく言う禁煙太りの正体もコレ。ご飯がおいしくなるから食べちゃうんですよね。笑
それも一時的なものですので、そんなに心配することではありません。
また、肺の活動も正常な状態に戻りますので身体に取り込む酸素量も増えて疲れにくくなります。

禁煙外来って何するところ???

では、本題の禁煙外来について言及していきますね。
薬やワクチン開発で知られるファイザー株式会社様の運営する”すぐ禁煙.jp”によると、サクッと言うとお医者さんがサポートしてくれながら無理なくタバコを辞められるようにしてくれる医療機関というニュアンスのようです!
禁煙外来へようこそ。お医者さんと一緒に禁煙 – すぐ禁煙.jp

はじめに喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。
毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けることができます。
「お医者さんと禁煙」すれば、楽に禁煙することができます。

↑こんな風にサイトには記述されています。

“健康保険”が使える!

自分で手を染めた煙草。保険適応外だと思われがちですが「健康保険が使える」のはかなり嬉しいですね。健康保険を使って大体13000円〜20000円で禁煙ができるそうです。もちろん、本人が努力もしないといけないのは言うまでもありませんが。笑

本気でタバコを辞めたい鳶職人には超オススメ!

タバコを辞めたい!と思っても、環境的にもなかなか誘惑が多いのがこの業界・・・。
休憩時間や、飲み会の席で(これがけっこうツライという方多いですよね)とにかく周りの誘惑がハンパない…w
副流煙が訴えかけてきますよねえ・・・!なので、お医者さんと二人三脚で禁煙に励むのはかなりオススメです。13000円〜20000円なんて、これからタバコを吸い続けるコストを考えたらべらぼうに安いものですからね!笑

もちろん喫煙も禁煙も個人の自由ではありますが、健康第一!なのは間違いありません。煙草とうまく付き合って行きながら日々の業務、がんばっていきましょうー!

ニコチンからの卒業!?鳶職人の禁煙外来のススメ

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事