鳶人TOP > 鳶の確定申告

第12回:青色申告と白色申告は何が違う?

一人親方確定申告

必要書類の説明をした第12回で、「青色申告」「白色申告」という言葉が出てきました。青、白という色にはどのような意味があるのでしょう。実はこれ、申告の仕方の違いなんです。

確定申告をする際、その方法には青色申告と白色申告、さらに青色申告にも2種類の方法があります。会社、個人事業主ともに収入や支出の管理は「簿記(ぼき)」という方法で行います。白色申告は簿記の知識がなくてもできる簡単な申告、青色申告は簿記で計算し申告します。

第13回:青色申告と白色申告は何が違う?

「簿記なんてわからないし、簡単な方がいい」と思うかもしれませんが、青色申告をすると最大65万円の「青色申告特別控除」が受けられるほか、家族に対する給料を経費に入れられる「専従者給与」などが認められるというメリットがあります。65万円の控除は大きいもの。また一人親方として独立したなら、仕事はもちろん、青色申告をきちんとすることも取引先からの信用を高める方法になります。

今は青色申告するためのソフトが多数出ていて、これを使えば売り上げや経費を入力するだけで自動で青色申告決算書を作成してくれます。また費用はかかりますが、税理士に頼むのも一つの方法です。

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事