鳶人TOP > バラエティ

鳶職人なら知っておきたい!花粉症用マスクの選び方と効果的な付け方とは!?

kahunn2

前の記事に引き続き花粉症対策記事となります!今回は花粉症対策としてお馴染み「マスク」に関するお話です。

今や国民病と言ってもいい花粉症ですが、くしゃみや目のかゆみ、鼻水などといった症状が続く上完治するのは困難なため、処療法や体内に花粉を取り込まないことしか対策はありません。
春が近づくと花粉症対策のため多くの人がマスクをつけ始めます。
花粉症対策用のマスクは種類が豊富なため、どのくらいの効果があってどのマスクを選べばいいか迷いませんか?
ここでは、鳶職人さんのために花粉症対策用のマスクの効果と選び方、効果的な付け方などについてご紹介しましょう。

何が違うの?マスクのフィルターの効果!

ではまず、マスクのフィルターの効果についてご説明しましょう。
よくマスクのパッケージ部分に花粉を99パーセント除去するなどと書かれていますが、フィルターの性能はマスクの種類によって違いがどのくらいあるのでしょう。
もちろん、マスクの種類やメーカーなどにより効果に違いがありますが、実は花粉症対策についてはほとんど変わらないようです。
花粉の大きさはスギ花粉の場合20μm~40μmでこれはかなり小さいと思われるでしょうが、実際にはインフルエンザウィルスの数百倍もの大きさなのでかなり大きいのです、
つまり、マスクのフィルターを使った花粉除去は簡単だ・・と言えるのです。
また、ある調査によると、市販の家庭用マスクのほとんどで95パーセント以上の花粉が除去できるという結果があります。
つまり、花粉症対策ではどのマスクを使ってもフィルターによる効果の違いはほとんどないということです。
なので、花粉症対策のマスクを選ぶ際にフィルターの性能はポイントにはならないということですね。
ただ、マスクをずっと使い続けているとフィルターが目詰まりしてしまって呼吸しにくくなりますので、簡単に取り替え可能な使い捨てマスクがおススメです!

マスクの効果をアップさせるには?

では次に、マスクの花粉除去効果をアップさせるポイントはどういうものなのでしょう。
それはとにかく顔にフィットさせることです。
そのためにはワイヤーの入ったマスクを選んでいただき、付ける前に鼻の形に合わせて折り曲げておけばフィット感が倍増します。
さらに、プリーツ式のものであれば隙間がほおの間にできないようあごまで覆えるためフィット感が増すのでおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
このような正しい付け方をしていただき、花粉症対策用マスクの効果をアップさせてみてくださいね。
ちなみに、看護師さんのマスクの効果が非常に高いのは、その性能ではなく付け方にあると言われているほどです。
外でお仕事される鳶の皆さんにもやってみていただきたいです!

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事