鳶人TOP > 鳶と道具

【現場deアプリ!】出面もスマホで管理する!

sumaho

一人親方のうちはいいけれど、人を頼んで仕事をするようになると、一人だって雇い入れただけ事務の手間が増えてしまいます。

給料・経理はヨメの仕事、とはいえ、実際に現場に入るのは自分。
「出面の管理くらい、現場に入る自分でやってよ!親方でしょ!」なーんてヨメトビから叱り飛ばされて、

「おう、やってやるわ!」と答えたものの、正直、ノートに記録とか面倒ですよね。他に手配する資材やら、車やら、クレーンやら色々で頭一杯になりそう。

そこで!アプリの出番です!

出面から報告書まで一括で現場管理できる「デヅラー」

でづらー

公式サイトより)

イチオシの出面管理アプリ『デヅラー』は、マルチに現場管理を総合的サポートできるアプリです。

デヅラーのポイントは、

・いつ、どこの現場に、どの職人が入っているかのリアルタイム確認
・締日を個別に管理できて、出面や人工の自動計算OK!各職人ごと、現場ごとの作業工数のチェックも可能
・アプリで写真撮影して、オリジナル報告書をスピーディーに作れる

この3つ。アプリに搭載されている機能は、

・出面管理
・親方管理
・現場管理
・人工・給与計算機能
・現場写真撮影と管理
・報告書作成機能

と、現場管理に必要な機能がセットされてる感じです。入力された内容は事務所のPCと連動して管理することができ、記録には天気、温度や湿度まで自動記録してくれます。時給などの項目を設定しておくと、月ごとで給料計算も自動でしてくれるので、事務の手間が大幅にラクに!

元々、塗装会社向けに開発されたため、写真撮影などの報告書作成機能が充実しています。報告書作成が苦手な親方や現場監督にもオススメです。お試し無料で利用できるのも嬉しいですね。

社会保険加入に特化した勤怠アプリ「デヅ楽」

平成29年から厳しくなった、建設業の社会保険加入。今年からは社会保険に加入していない「未加入企業」は現場への入場が認められなくなりました。安全管理のために不可欠なルールではあっても、お蔭で事務の手間が大幅に増えて複雑になってしまうのが悩みになります。ここでも、やっぱり大変なのは、保険料の算出基礎になる出面。勤怠管理です。

でづらく

公式サイトより)

出面や報告書が苦手な鳶親方の、社会保険加入、給料・保健料計算を楽にしてくれる、オススメアプリが『デヅ楽』です。

現場監督や親方がスマホやケータイからオンラインで入力した出面は、サーバーで蓄積されて、事務所のパソコンでチェックできます。

ちょっとうれしいのが、入力のしやすさ。書き込み式ではなくて、多くの項目が選択式でチェックを入れるだけで済むように工夫されているので、IT苦手な親方でも簡単に使えます。

少人数でたくさんの現場を回す組などでは、特に人気が高いアプリです。

勤怠をその場で記入するから間違いナシ!

現場を複数もっていると、出面の記入ミスや、モレが起こりやすくなります。できればその場でメモくらいだけでもしておきたいところですけど、なかなか上手くいかない、と悩む監督・親方多いようです。

スマホアプリなら、片手でちょちょっと操作で記録がつけられますから、とても簡単!お試しは無料なので、とにかく試してみる!も良いと思います。

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事