鳶人TOP > 鳶と道具

鳶職人に人気のSPIDERシリーズを調べてみた

足場鳶求人イメージ画像

「職人のこだわりは、道具!」この路線は、建設関係全般にあるみたいです。

「コレじゃないと!」というこだわりって、実は、仕事の品質向上、技術力UP、そして何よりも仕事へのモチベーションを高める重要な意識だったりします。今回はそんな職人ならではのこだわり欲求を満たしてくれるおススメブランドの紹介です!

黒と赤がカッコイイ!シンプルだけどオシャレ

鳶職人の腰回りは道具だらけ。

「どうせなら、カラーとかデザインに統一感が欲しい。」

そんな職人のこだわりにマッチしそうなブランドがSPIDERシリーズです。

スパイダー

↑こちらはAmazonの特設ページです。

アマゾンといえば、世界各国で利用されている通販大手(元々は本屋さん)です。そこに特設ページが作られているということだけでも、人気の高さが想像できますね。アマゾン購入者のレビューと評価を見ると、SPIDERシリーズのアマゾンでの全般評価は全般的に高め。満足度が高い人が多いことが分かります。

左利き用のフック類も充実していて人気

SPIDERシリーズが鳶職人から支持されているもう一つの理由が「左利き用フックがある!」ことです。

鳶職人は「ぎっちょが多い」ってわけではないでしょうから、工具類は圧倒的に右利き用ばかりが売られていて、サウスポーの人は人知れず苦労させられている場面は少なくないはず。
そこにちゃんと目をつけて、左利き用のフック類がそろっている点は、とってもありがたいみたいです。

こちらはワークショップ三和のスパイダーシリーズのページ。

ラインナップの充実度がわかりますね。

ずーっと使うよりも消耗品感覚で・・・がGOOD

一方で、低目の評価をつけている人もいます。そういうレビューを見ると「金具が壊れやすい」「金具がダメになって応急処置をしている。」など、金属パーツ系の不満がちらほら。

サスペンダーなど布+金属の製品でも、金属パーツの消耗が激しく、使用頻度が高いものでは、曲がりや破損が起こりやすい傾向を伝えるレビューが見られました。

ただ、価格帯としてはリーズナブルですから、消耗品として、定期的に買い換えるつもりで使うならば、同じデザインのものが買えるメリットがあります。詳しく見てみると、サスペンダーとサポートベルトのリピート率は高そうな感じですね。

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事