鳶人TOP > バラエティ

冬本番になる前にスタッドレスタイヤ交換のコツ

AB0I9A9312_TP_V1

木枯らしが吹き始めるとあっという間に冬模様ですね。

そうなると心配なのは愛車のタイヤですね。職人の皆さんは現場への行き来に軽トラやマイカーで出勤することも多いはず。今回はスタッドレスタイヤを安く購入して交換してもらうコツについておまとめします。

スタッドレスタイヤ購入は11月まで!!

スタッドレスタイヤを履き替え忘れていた!と慌ててカー用品店やタイヤ店に走っていったら、あっという間に万札が何枚もとんでしまった!こんな経験した鳶もいるのでは?

仕事の合間にスタッドレスタイヤ履き替えというのもなかなか大変なことで、リムにダイヤを取り付ける組着け交換となると時間もとられます。
暖かい地域や者がさほど気にならない鳶では、ついつい先伸ばしてしまっていませんか?

スタッドレスタイヤは11月後半になると急激に値上がりします。できるだけ早いうちに。季節はずれの商品として購入した方が、割安に買うことができます。
11月中旬過ぎると徐々に高くなる反面、昨年度以前の型落ち商品が入れ替えで安くなっている今がチャンス!

まだ購入していない人は今のうちに大急ぎで自分の車のタイヤサイズを確認しておきましょう

軽トラ軽ワゴン用サイズは格安通販で購入も可能

PAKU160127190I9A6416_TP_V1

軽トラック用の スタッドレスタイヤはその他の軽自動車や普通自動車と少しサイズが違います。 メーカーや年式に関係なく tl という末尾の記号がついたタイヤが使われていて、 オークションなどで上手に性ストでものが見つかりやすいという特徴があります。

日本最大手のオークションであるヤフオクでは、送料込み1万円ちょっとで国産メーカーのスタッドレスタイヤを4本購入することができる!という驚きの掘り出し物もあります。

スタッドレスは原則冬専門のタイヤですから、夏場は履き替えが基本。毎年履き替える地方に住んでいるなら、専用のホイールセットが必要ですね。ホイールセットで購入する場合は、車両メーカーやタイヤサイズによって適合するものが変わってくるので、購入する前にしっかり調べておくようにしましょう。

中古タイヤ・輸入タイヤは通販購入は避ける

金欠の時にスタッドレス交換で万札とさよならするのは勇気がいるもの。そんな時、オークションや通販サイトで中古スタッドレスを発見すると「これでもいいか…」と思ってしまいがちです。

しかし、中古タイヤは現物を見ないで購入するのは少し不安があります。溝の深さだけでなく、手で触れてみないと分からない劣化度合いなどは、現物を目の前にできないと判断できません。業務用車両のタイヤ交換なら、安全性最優先で、国産の新品タイヤを履かせておくほうが安心です。

最近人気の韓国産タイヤなどは、国産品よりも2割程度安く購入できる反面、減りが早く柔らかいのだそうです。結果的に長持ちする分、国産タイヤの方が割安になる場合もあります。家庭用で休日などたまに乗る人向けと思っておいた方がいいでしょう。

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事