鳶人TOP > バラエティ

スポーツドリンクを水筒に入れたら危険ってホント?

obentou_suitou

水分補給にスポーツドリンク飲んでますか?

熱中症予防に水分補給を!と連日ニュースで報道される中、スポーツドリンクは手軽な水分&ミネラル補給源として、医師も認めるドリンクです。
スーパーやDIYショップで2リットル入りを購入して、自分で水筒に入れて利用している鳶職人や、大容量のジャグに入れて休憩時間の水分補給に提供している親方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ところが、最近ネット上で、

「スポーツドリンクを水筒に入れたら危険!」

なんて、気になる話題が!
Twitterなどでもリツイートされて広まっているこの話題、実際のところはどうなのか?調査してみました!

そもそもスポーツドリンクは水筒にいれてはいけない?

スポーツドリンクを水筒に入れることは、「やってはいけないこと」なのでしょうか?
市販されている市販されているスポーツドリンクのパッケージ屋粉末スポーツドリンクの袋などに水筒に入れてはいけませんという注意書きが書かれていません。
また、粉末スポーツドリンクは、プラスチック製の専用ボトルと一緒に販売されていますから、どんな水筒でもNGという意味ではなさそうです。

では、Twitter 上などで広まっている水筒に入れてはいけない理由はなんなのでしょうか?

確認してみると、NGなのは金属製の水筒はダメということのようで、その理由は、

「 金属製の水筒にスポーツドリンクを入れると、酸性のスポーツドリンクで水筒が腐食して、有毒物質が溶け出し中毒する危険がある」だそうです。

本当ならとても怖い話で、放置できません。事実はどうなのでしょうか?

金属製の水筒が絶対ダメ!・・・というわけではない

PAKS0I9A7343_TP_V1

スポーツドリンクのメーカー回答によると、水筒に入れることが全て NG というわけでもなさそうです。
確かに、スポーツドリンクは弱酸性の飲料ですが、金属製の水筒を腐食させるほど強い酸性酸性というわけでもないのだとか。
ただし、「飲み物を長時間水筒に入れたままにしておくことは、飲み物の腐敗、変質の原因になるので、どのようなものでも良くないですね。」とのことでした。

水筒もスポーツドリンク対応なら安心

また、長期間利用してきた水筒だと、内側の金属に傷があったりしやすいので、金属が露出している状態だと、ごく弱い酸性の液体でも安全とは言い切れないようです。

様々な水筒を製造販売している会社のカスタマーサポートによると、「スポーツドリンク対応水筒も製造販売しています。」とのことです。
現在日本製で販売されている金属製の水筒は、ほとんどがフッ素コーティングを施されているので、スポーツドリンクを入れたとしても内部の金属が溶け出す恐れは非常に低いとのことでした。

けれども老朽化していたり、外国製で日本の安全基準を満たしているかどうか分からないような商品の場合は、「絶対」とは言い難いのも事実です。
やはりそこは、安心できる国内メーカーの「スポーツドリンク対応」のものを使うのがベストチョイスと言えそうです。

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事