鳶人TOP > 鳶と道具

衣替えシーズン来る!流行りの冬鳶ジャン・鳶服をチェックせよ!

爆弾低気圧

衣替えのシーズンですね!

今年の11月は小春日和のような暖かい日が続いていましたが、ここ数日は少しずつ気温が低下し、冬の到来を予感させます。
本格的な寒さに備えて、冬の鳶服の準備をはじめませんか?
鳶服メーカー、ガクオンラインショップで見かけた今年の鳶服トレンドを送りします。

上田屋でのオススメ気軽に羽織れる防寒ジャンパー

鳶服のオーダーはもちろん、工具、道具袋など、細々したものまで一括で揃えられる上田屋は定番の鳶服ブランドも購入できるオンラインショップです。

上田屋おすすめの秋冬鳶服は、防寒ジャンパー。今年は見た目がスラリと細身なデザイン。軽そうで薄手なのに、内側にしっかり防寒仕様が施されているものが人気のようです。
ジャンパーというと、「着ぶくれてダサイ」ってイメージですよね?今年の上田屋ラインナップは、ボコボコ太って見えないところが魅力です。

鳶は体の動きが大きいので、動きやすい服装が基本。
上田屋で扱っている防寒ブルゾン&防寒パンツはストレッチ性のある素材で作られたものも多く、 可動範囲が広そうです。
足を高く上げる必要がある鳶職人にはあまりにキツキツの服装は NG。 でもニッカのズボンは遠慮したい若い人に、ストレッチパンツの防寒仕様がはグッドチョイスになりそうです。

ウエストポイント製の生地を取り扱ったこだわりの鳶装束!丸美衣料

他にない自分だけの鳶装束が欲しい!というこだわりの強い職人におすすめなのが、新しくなった丸美衣料の鳶装束です。
オリジナル生地で作られた鳶服、ベースはなんと米国直輸入の生地!フルハーネスもカモ柄など、目立ちたいポイント高いです。公式サイトのCM動画がこちら。

モデルが日本人じゃなかったりと、かなり、かっこよさが強調されている印象ですね。
フルハーネス乗り換えのシーズンでもありますから、この時期に他の人とはちょっと違うものにしたいという人は一度覗いてみてもいいのではないでしょう

服と一緒に要チェック!NICSのプロ仕様腰袋たち

服を買うついでに、ぜひ一緒にチェックしておいてほしいのが、鳶職人の必須アイテム、腰袋やホルダーです。
道具そのものの選び方も重要ですけど、その道具を納める腰袋、ホルダーも、使いやす久手丈夫なものを探すのがベスト。
取り出しやすくても、すぐ壊れてしまうのではNGだし、しっかりしてるからといって、足場や橋梁の上でモタモタさせられるのも仕事の妨げに。

その点、NICSの商品は「プロ仕様」ですから、職人のニーズを満たしてくれる、細かな工夫がされています。

革製の丈夫なつくりと、男っぽくシブく決まるデザインも魅力。
カラーは黒がメインですが、モノによってカーキやレッド、ホワイトベージュなどもあるようです。一度じっくり品定めしてみては?

やっぱり和柄!伝統を感じさせる和風の鳶装束で個性的にキメる

鳶職人は、元はといえば江戸時代の火消しで有名。今も、お正月の梯子乗りなどで、鳶の火消し半纏を見て萌える人もいるのではないでしょうか?
そんな江戸好み、「粋でいなせな」なんてセリフがぴったりきそうな、和風の鳶衣装を現在にも復刻させている関東鳶の濃い口シャツもなかなか個性的でおしゃれです。

タテノでは、江戸好みの濃い口シャツの種類が豊富。人気の柄から売り切れてしまうので、これ!と思ったものは早いもの勝ち!

「人とちょっと違う格好をしたい!」「目立ちすぎるのは嫌だけど、見えないところで江戸好みやりたい」なんて職人にオススメ!
今ならセールで壱寅のシャツ、パンツ類が特価販売中です!

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事