鳶人TOP > バラエティ

残暑に負けるな!疲労回復に効果のある食材と食べ方

寿司

忙しい夏休みシーズンも過ぎ、9月に入ってしばらく経ちましたね。季節的には秋に入ろうという頃合いですが、相も変わらず暑い日が続き、さらに台風シーズンということで天気も崩れやすい時期となります。夏の忙しさの疲れを残したまま豪雨の中の作業となれば、当然体調も崩しやすくなってしまいますね。

そこで!今回は、何とか夏を乗り切った鳶職人の皆さんに向けて、疲労回復に効く栄養素、「ビタミンB1」「クエン酸」たっぷりの食材とオススメ調理法をご紹介します!この記事を読んでしっかり食事をとれば、すぐさま疲れも吹っ飛ぶはず!?

必見!これが疲労に効く食材だ!

改めてお話しすると、疲れを取ってくれるパワーを持つ栄養素はビタミンB1とクエン酸です。これがたくさん含まれる食材をたべればよいわけですね!まずオススメしたいのはなんといっても・・・

豚肉

豚肉!

牛肉の約10倍のビタミンB1を含むと言われています。しかもビタミンB1は肉体だけでなく精神疲労にも効果があるとか。凄いです豚肉!

その他のビタミンB1を含む食材は以下の通りです。

・鶏肉
・かつお節
・焼たらこ
・大豆
・玄米

これらの食材はコメやジャガイモに含まれる炭水化物をエネルギーに変えてくれるので疲労回復に効果があります。さらにその効果を助けるクエン酸を含む食材とセットで食べるとなおよし!

ちなみにこのクエン酸を含む食材で一押しなのは

トマト

トマト

実はトマトには疲れや病気の原因となる物質を除去する力があるので、疲労回復だけでなく老化や病気の予防にも効果的。毎日紫外線にさらされる職人には心強い味方でなんです。凄いですトマト!

クエン酸を含む他の食材は以下の通りです。

・柑橘類(ミカンなど)
・梅干し
・お酢

○結論!

「9月の疲れと残暑は豚肉とトマトで乗り切りましょう!」

ちなみにどうやって食べるのがいいかというと、豚肉をメインにさっぱり食べたい方には「冷しゃぶサラダ」がオススメですね。
細切りにした大根、トマト、水菜、などお好みの野菜類に、お湯にさっとくぐらせた豚バラ肉を乗せて、ポン酢をかければ出来上がり。ポン酢が苦手な方は胡麻ドレッシングでも良いでしょう。シンプルカンタンで冷やしても美味しいと、まさに暑い日にうってつけですね!みなさんもこれらの食材をしっかり食べて暑さに負けない食事で夏を乗り切りましょう!!

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事