鳶人TOP > THE 鳶~鳶のすべて

【連載コラム第2回】あなたは知ってる?正しい筋肉の鍛え方

ダンベル

さて、前回紹介した2種類の筋肉のちがい、読んでいただけましたか?
まだチェックしていないという人は、前回の記事から読んでみてくださいね。

前回記事「あなたは知ってる?正しい筋肉の鍛え方」

http://tobi-jin.jp/knowledge/835.html

今回は、前回説明した「遅筋」と「速筋」の違いを踏まえながら正しい筋トレの方法を紹介します。

◆遅筋の鍛え方

ジョギング

まず持久力タイプの筋肉である遅筋を鍛えたい人は、ハードな走り込みやダンベルでのきつい筋トレは避けましょう。
瞬間的に大きな負荷をかけるトレーニングは、筋肉に乳酸(疲労物質)をためてしまい、速筋を育ててしまうのです。

遅筋を鍛えたい人は

・ある程度時間かける
 ・休まずに息の上がる運動をする
 ・筋肉を動かし続ける
 ・短い休憩を挟んで繰り返す

ことを意識しましょう。

具体的には、
10分程度の軽いランニングを立ち止まらずに続けて、30秒ほどの休憩をはさんでまた10分……
が理想的です。

注意すべきなのは「筋肉が重く感じてきたらやめること」です。筋肉が重く感じるのは乳酸がたまっているサインです。

◆速筋の鍛え方

スクワット

とにかく短時間で筋肉をいじめ抜くつもりでやりましょう。負荷をかければかけるほど筋肉が育っていきます。

速筋を鍛えたい人は

・短時間
 ・高い負荷をかけながら(ダンベルなどを持って)
 ・少ない回数(スクワット1セット15回など)
 ・間をあけてする(休憩90秒~120秒で3セット)

具体的には
8秒間で1セット15回のスクワットを、90秒~120秒の休憩を挟んで3セット、というメニューを毎日行うといいでしょう。

この時ポイントなのは、ダンベルなどの負荷をかけて、15回を以下にハードにやるかを意識することです。

いかがでしたか?早速、試してみてくださいね?

次回は今話題の「体幹トレーニング」についてです。お楽しみに!

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事