鳶人TOP > 用語集

タッチアップ【知って得する!鳶用語辞典】

08

【読み方】
タッチアップ

たっちあっぷ
【解説】
一度仕上げたところを部分的に修整塗りする塗装工事のこと。

足場工事、特に改修工事では、足場材が邪魔で部分的に建物への塗装が出来なかったり、工事中誤って塗装に瑕がついてしまう場合が多々存在する。そんな時に行うのがタッチアップだ。

足場工事におけるタッチアップは基本的に解体の際に行う。塗装を行うのは塗装屋ではなく、塗装屋からタッチアップ用の塗料を借りて解体担当の足場鳶が行う場合が多い。
塗装自体はほんの一部分にのみ行う場合がほとんどなため特別な技術こそ必要ないが、雑な塗りをすると遠くからでも明らかに浮いてしまったりするので、塗料を塗る際は丁寧に行おう。また、万一高所から塗料を落としてしまったりするといろんな意味で大惨事になってしまうので、くれぐれも気を付けるように・・・。

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事