鳶人TOP > 用語集

歩掛かり【知って得する!鳶用語辞典】

08

【読み方】
歩掛かり

ぶがかり
【解説】
ある作業を行う場合の単位数量または、ある一定の工事に要する作業手間ならびに作業日数を数値化したもののこと。
土木工事及び建築工事といった建設工事などの積算の際、歩掛に対応する職種の労務単価を乗じ、場合によってはそれに諸費を追加して価格を算出し、工事費用の根拠とする。
これだけ書くと難しいことを言っているようだが、要するに工事における一つの作業を終えるために、どの程度の人間が必要になるかを数字に出したものである。この工事には親方(指示役)が何人、作業員が何人、クレーン運転手が何人・・・といったように作業ごとに細分化して数字化する場合が多い。

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事