鳶人TOP > 用語集

仮設【知って得する!鳶用語辞典】

08

<読み方>
仮設

かせつ
<解説>
建設現場での事務所や囲いなどのほか、災害時に活躍する仮設住宅などを指す。
建設工事中に使用する仮設は、工事が終われば必ず片付けられ、この仮設を使って完成させる建造物を本設という。
そして鳶が建設現場で組む足場もまた、この仮設に含まれている。

ちなみに「架設」と読みは一緒だが、こちらのカセツは字の通り「架けて渡す」という意味であり、全く異なるので注意しよう。
「カセツアシバ」という場合のカセツは「仮設」で、「アシバカセツ」だと「架設」の字になる。

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事