鳶人TOP > 用語集

人工【知って得する!鳶用語辞典】

08

【読み方】
人工

にんく
【解説】
労務者の工数を表す単位。1坪あたり5人分の作業量がかかる場合は、5人工/坪、1人の1日の賃金を表す場合は、2万円/人工のように見積書に表現される。なお、人工は技術料、作業のハードさ、危険手当、夜間手当、道具の損料などによって変動する。

各現場に必要な人工の把握は足場会社が最優先して行っていなければならないことだ。毎日の現場ごとの職人割り振りはもちろん、新しい現場を取って来るにしてもその現場が始まる時期に動ける職人がいなければ意味がない。そして、その見立ても現場でのトラブルや天候不良などですぐに崩れ、計画の練り直しを迫られるなんてことは日常茶飯事だ。すべての社長や営業所長は、常にこの人工に頭を悩ませているのだ。

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事