鳶人TOP > THE 鳶~鳶のすべて

【取材記事】『信和株式会社』の足場資材レンタルサービスを使おう! 後編

信和写真3

 

さて、前編では今回取材させていただいた『信和』の機材センターの様子と、足場部材レンタルサービスの概要に軽く触れました。今回はそんなレンタルサービスの詳しいメリットについて、がっつり語っていきたいと思います!

 

低コストと即効性!足場資材をレンタルする二大メリット!

 

購入と比べ、低コストで済む。
十分な予算があり、毎日使用するような資材をまずは揃えよう、と考えた場合は、年単位でレンタルするよりも一式まとめて購入する方がコストがかからないのは間違いないでしょう。ですが、もし必要な資材が普段使いをしないような特殊な資材であり、たまたま単発の工事でそれを使わなければならない、となった場合、わざわざ一回の工事の為だけに資材を購入するのは保管スペース的にもコスト的にも無駄が多くなってしまいます。
ならばと中古で資材を求めようとすると、今度は使用年数の問題が出てきてしまいます。基本的に資材の耐久年数は十年以上とされていますが、中古の場合はほとんどの場合経年劣化しており、正規の耐久力は残っていません。頻繁に使う資材ならまだしも、年に一度使うかどうかの資材を、しかも耐久年数の落ちている中古で購入する、というのはあまりオススメは出来ないでしょう。
また、中古資材には粗悪な海外品が混ざっていることもあります。以前見つかった某国製の資材は仮設工業会の定める基準の3分の1の負荷で破損してしまったこともあるそうです・・・そういった点でも、中古品は扱いが難しいところがあると言えるでしょう。
一方、その資材をレンタルすれば、かかるコストは大幅に削減でき、工事が終わり次第返却に行けばヤードなどの保管スペースを余計に圧迫することもありません。当然、品質もレンタル会社側で管理しているので安心、安全です。更に料金は貸出日数によって計算されるので、それこそ短期工事で用いる少数資材レンタルの場合などは通常の購入と比較して遥かに安価で用意が出来ることでしょう。

信和写真2

例えばこの画像奥に山積みされている「先行手摺」、大手ゼネコンが元請けで、監査が厳しい大規模工事の際などに使用を推奨されることが多いですが、民間の工事で使用される現場は未だ少なく、自社のヤードには用意がない!なんて会社も少なくはないはず。突然元請けから「今回は先行手摺で!」と注文されてしまった。でも新しく購入するには予算が・・・なんて時に頼りになるのが、まさにこのレンタルサービスなのです!
ちなみに、今回紹介した『信和』の杉戸機材センターでは、レンタル事業部と並列して販売部も存在しています。新しく資材を入手しようと考えたとき、購入するべきなのか、レンタルするべきなのか悩むこともあると思われます。そんな時、両方の事業部を擁する本機材センターならば相談にも乗ってもらえ、そのうえでどちらのニーズにも応えてくれることでしょう!本記事の最後に各種情報を記載しているので、迷った際は一度問い合わせてみることをオススメします!

 

必要になった際に即入手できる。
「大規模現場が間近に控えているのに、このままではヤードの資材が足りない!」「ギリギリの資材で回していたところに急に現場が入ってきてしまった!」なんてことになり、急きょ資材を追加で用意しなければ・・・なんて状況はどんな足場会社でも一度は経験することでしょう。

こんなとき、慌てて業者に新しく部材を注文しても、すぐさま資材が届く、ということはまずありません。ですがレンタルならば、予約の電話一本で必要な資材をすぐに用意してくれます。あとはこちらでトラックを手配し取りに行ってもいいですし、『信和』ならば必要とあれば機材センター側から資材の運送も行ってくれます(当然運送料はかかりますのでご注意!)。いざという時の緊急の保険として、レンタルサービスは非常に優秀なのです。
ちなみに、杉戸機材センターにおけるこの手の利用者のうち、特によくあるパターンが「現場で急きょ必要になった資材を、直接職人が借りに来る」というものだそうです。その場合、レンタルされるのは、短い長さのアンチや手摺りといった細かな資材や、普段はあまり取り扱わないような珍しい資材であることが多いようです。トン単位のレンタルであろうと、少数の資材のピンポイント貸出だろうと幅広く、迅速に対応してくれるのはレンタルサービスの大きなメリットと言えるでしょう。
特に今回取材させていただいた『信和』は資材の開発、販売を行っている会社ということもあり、取り扱っている種類の豊富さはメーカーならでは。資材に関する困りごとがあったら一度ご相談されてみてはいかがでしょうか

 

いかがでしたでしょうか?現場は生き物、いつ何が起こるかわかりません。特に資材の問題は自分たちだけでは解決出来ない厄介な存在です。そんなもしもの時に慌てないために、レンタルサービスを利用してみることをオススメしますよ!

それでは本文の下に本記事で紹介した『信和』のHPと、各機材センターの情報を記載しておくので、気になる方は是非お問合せしてみてください!きっと皆さんの力になってくれることでしょう!

信和株式会社HP:http://shinwa-jp.com/

【杉戸機材センター】
〒345-0032
埼玉県北葛飾郡杉戸町広戸沼39
TEL: 0480-36-7721 FAX: 0480-36-7722

【土倉機材センター】
〒503-0322
岐阜県海津市平田町土倉字江東478
TEL: 0584-66-4411 FAX: 0584-66-4522

信和写真1

最後に、今回の取材に快くご協力いただいた『信和株式会社』様。並びに杉戸機材センターの皆様には心より御礼申し上げます。

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事