鳶人TOP > 工事現場の基礎知識

大工【現場に関わる職人たち】

大工

【仕事内容】
主に一般戸建て住宅の木造建築や増改築を行う職人。鳶、左官などと並び歴史のある仕事だ。かつては多くの職人を束ねる“長”を大くと呼んでいたという。

木造軸組工法を手掛ける町大工のほか、ツーバイフォーやプレハブ工法などハウスメーカーごとに多様化した工法に対応する大工がいる。工務店を経営し、自らの会社で設計から施工までを請け負う人もいる。

木造建築以外にも、コンクリート建造物でも内部の木造部分は大工が手掛ける(造作大工)。また神社・仏閣などを専門に手掛ける宮大工も。伝統的に親方や職長など責任者のことを棟梁と呼ぶ。

【現場に入るタイミング】
基礎工事後

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事