鳶人TOP > 工事現場の基礎知識

木造建築物の組立て等作業主任者技能講習

木材建築

【資格名】


木造建築物の組立て等作業主任者技能講習

もくぞうけんちくぶつのくみたてとうさぎょうしゅにんしゃぎのうこうしゅう

【資格の概要】


軒の高さが5m以上の木造建築物の構造部材の組み立てまたはこれに伴う屋根下地もしくは外壁下地の取り付け作業では、技能講習を終了した者を作業主任者として選任しなければならないと労働安全衛生法で定められている。作業主任者になるための技能講習だ。

【受講資格】


木造建築物の組立などの実務経験が3年以上

21歳以上

※学歴等により変わってくる

【講習内容】


木造建築物の構造部材の組立て、屋根下地の取付け等に関する知識

工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識

作業者に対する教育等に関する知識

関係法令

修了試験

 【資格取得でできる仕事】


 

木造建築において責任者として従事可能

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事