鳶人TOP > 鳶と現場

現場を疲れを癒せ!鳶人が本当におススメする「酸っぱい」回復食材!

OZP73_katakoriyabai20130707-thumb-1000xauto-17103

現場仕事をする上で最もしてはいけないことは、疲れを残したまま日々の作業を行うことです。たまった疲れは肉体のパフォーマンスを落とすだけでなく、注意力が失われヒヤリハットの原因にもなってしまいます。

とにもかくにも鳶職人の仕事はハード。
疲れを貯め込まずに上手に食事で疲労回復を試みてみましょう。
ということで、この記事ではお仕事の合間にお勧めしたい食べ物や飲み物についてご紹介します!今回は特に「酸っぱい」食べ物にクローズアップしてみました!酸っぱさに隠された驚きの秘密とは・・・!?

体が疲れた時は「甘さ」よりも「酸っぱさ」!?

体が疲れた時は、チョコレートなど甘い物が食べたくなりませんか。
疲れた時に甘いものを食べるのは、ある意味正しいのですが、間違いでもあります。
脳が疲れた時は、ブドウ糖と呼ばれる糖分が必要になりますので、甘いものが欲しくなるのは間違いではありません。
しかし、筋肉痛など肉体的な疲労に関しては、糖分だけでは不十分なのです。

疲労回復効果のある栄養の一つに、クエン酸があります。クエン酸は、酢や柑橘系の果物に多く含まれています。
そう、冒頭でお話しした「酸っぱい」食べ物の正体が、まさにこのクエン酸を含んだ食べ物だったのです・・・!
果物には、エネルギー源となる糖分もしっかり含まれていますし、ビタミン類も豊富です。
なので、疲れた時は、柑橘系の果物を食べるのがお勧めです。その他におススメな食べ物としては、以下のものがあります。

酸味のあるスポーツバナナ
柑橘系ではありませんが、リンゴやバナナも疲労回復効果の高い果物です。
一般的なバナナは、キャベンディッシュという種類ですが、これはどちからと言えば糖分が多いバナナです。
それから、ラカタンバナナは、別名スポーツバナナと呼ばれていて、クエン酸が少し多く含まれています。
バナナは、シュガースポットという茶色の点が皮に現れますが、ラカタン種は熟しても酸味のあるバナナです。
ラカタンバナナは、あの東京マラソンでも配られている優秀なバナナなので、疲労回復食としておやつに取り入れてみてはいかがでしょう。

梅干しやトマト

minitomato

普段の食事で、酢の物をお弁当に用意するのは難しいですが、梅干の入ったおにぎりや、プチトマトであれば手軽に用意することができますね。
トマトには、クエン酸の他に抗酸化力の高いリコピンやビタミン類が豊富に含まれていますので、疲労回復だけでなく紫外線による活性酸素の除去も期待できます。

クエン酸入りスポーツドリンク

クエン酸とBCAAが配合されているスポーツドリンクは、筋肉量を増加する効果があるので、疲労回復効果だけでなく筋力増強効果も期待できます。
ペットボトルに入れて水で溶かして用意しておけば、水分補給時にクエン酸を補給できます。

クエン酸入り清涼飲料水

先ほど疲れた時に甘いものを飲んでも・・・という話はしましたが、「そんなこと知らん!俺は甘いものが欲しいんだ!」という気分になるとき、あると思います笑。
そんな時はクエン酸入りのジュースを探して飲んでみるのをおススメします。特に『CCレモン』をはじめとしたレモン等の酸っぱい果物が使われているジュースですね。最近ではクエン酸の効果が知られるようになったからか、クエン酸入りを大々的にアピールするジュースが増えたので、バリエーションには困らないと思いますよ!

まとめ

疲れを吹き飛ばすにはクエン酸入りの酸っぱい食べ物を食べる!今の季節だと柑橘類の代表であるミカンなんかが特におススメですね。ちなみにクエン酸入りの食べ物を食べて、強い酸っぱさを感じる場合は、疲れている証という話もありますのでご注意を!さあ、クエン酸パワーで明日からもバリバリ頑張っていきましょう!

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事