鳶人TOP > 鳶と現場

【鳶と現場】熱中症予防は完璧?土用に向けて再確認すべし!

job_otenki_oneesan

ようやく梅雨明けとなりましたね!

平年よりも長く雨模様が続いて、なかなか晴れ間の見られなかった令和の梅雨も、ようやく終わりを告げてくれました。
さて、梅雨が明けたことで1年で一番暑い土用のシーズンとなりました。
この時期一番警戒したいことといえば、やっぱり、

熱中症予防

ですよね!

毎年、注意喚起されていることではありますが、今年も今一度、予防対策がしっかりできているか、再確認しておきましょう!

熱中症予防対策3つのポイントを覚えておくべし!

熱中症は、

・屋外などの日陰のない高温多湿な場所(風が弱い、急劇に気温が上がるなどの条件も含まれます)

・激しい運動を休憩を取らずに行う

・水分、塩分、ミネラルなどの補給なし

などが重なることによって、体から急激に水分や塩分、ミネラルが奪われ、体の体温調整機構が狂ってしまうものです。
上に挙げた条件は、鳶職をはじめとする建設業界では、カンタンに当てはまってしまう恐れのある状況。
これだけでも熱中症リスクが高いことがわかりますね。

逆に、この3つを「避ける」ことが熱中症予防の基本中の基本と言い換える事も出来ると思います。

1.適度に日陰や体温をさげる手段を講じる

2.定期的に涼しい場所で休憩をとり体を休める

3.水分、塩分、ミネラルを定期的に補給する

まずはこれら3つを確実に守るよう心掛けましょう。

空調服で体温を積極的に下げて熱中症予防!

fashion_kuuchou_sagyoufuku

鉄骨や足場の上で作業している時は、日陰、なんて現場事務所にでも入らない限りなさそう、という場合もあるかと思われます。
昼休憩ならまだしも、中休みや作業中に「体温を下げる工夫」なんて言われても困ってしまうのでは?

そんな時に役立ちそうなアイテムが、昨年爆発的に人気UPした空調服です。

服の腰に取り付けられたファンで体とジャケットの間に風の流れを作り、体温を下げてくれる空調服は、シンプルですが確実に体温調整を助けて熱中症リスクを下げてくれそうですね。

発売直後よりも製造販売元も増加して価格面でもリーズナブルになってきているので、まだ持っていない職人はぜひ、検討してみると良いでしょう。フルハーネス仕様のものも色々登場してきているようです。

スポーツドリンクを適度に摂取!昔ながらの「アノ飲み物」も予防効果アリ!

熱中症予防というと、水分補給を真っ先にイメージされがちなものですが、「水だけ飲んでれば大丈夫」といった誤解は要注意です。
実は、熱中症予防に「水だけ」は逆効果で、かえって熱中症を起こしやすくなることが分かっています。

予防や軽い熱中症傾向からの回復には必ず「水と塩分(できればミネラル分も)を摂取する」のがベストチョイス!
汗で奪われる水分、塩分を一緒に補給するのが良いとされています。

一番手軽で手に入りやすく効果が高いのは「スポーツドリンク」です。体に吸収されやすいので、予防効果も高そうですね。

意外とバカにできないのが、日本の夏代表の飲み物である「麦茶」。でんぷん質を含んでいるほか、体を冷やす効果も持っているので、食欲減退気味の時はエネルギー補給の役割もしてくれます。何より、飲みなれた味わいというのも良いですね。

水分補給は冷水よりも少しぬるめの方が体に優しく吸収も速やかです。「ぬるいスポーツドリンクなんて・・・。」という時にオススメなのが「水+塩飴」コンビニなどでも手に入れやすいので、緊急用に持ち歩いておくのも良いでしょう。

熱中症は起こしてしまうより予防が第一!まずはポイントをおさえて、今日もご安全にいきましょう!

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事