鳶人TOP > 鳶の確定申告

知らないとソン!セルフメディケーション減税

レシート1

セルフメディケーション減税って知ってます?

花粉症や風邪薬、ちょっとした怪我や炎症の塗り薬、市販薬で済ませちゃうこともありますよね。
そんな、町のドラッグストアや薬局で買ったレシートも、確定申告で利用できるのを知ってますか?

平成29年から始まったセルフメディケーション減税で、 医療控除が一段と使いやすくなりました。
でも、知らずに使わないままになっている人も多いようです。
新年に入って年号が変わっても利用できるこの制度、損しないために、もう一度、おさらいしておきましょう。

薬ならなんでもってワケじゃない!?対象になる医薬品の見分け方

netunetuIMGL0165_TP_V1

セルフメディケーション減税とは、特定の医薬品を年間1万2000円以上購入した場合、確定申告の医療費控除が受けられる新しい医療費控除の一種。平成29年からスタートしています。

「花粉症の時、ドラッグストアで買ったレシートいっぱいあるぞ。んじゃ、こいつをつけて確定申告すりゃいいんだな?」と、考えるのはちょっと早い!

実は、「薬ならなんでもOK!」ってわけじゃなくて、対象になるのは「OTC薬」と呼ばれるものだけです。OTC薬とは厚生労働省が認定している、病院で出される医薬品と同じ成分を含んでいる市販薬のことで、2000種類以上の登録がされているんだそうです。

同じような薬でも、対象外のものを買ったら確定申告には利用できません。
つまり、節税考えて薬を買うならOTC薬を選んだ方がいい!ということですね。

そうなると、「店頭で、どーやって見分けりゃいいのよ?俺、そんな面倒なの分からんぞ?」って職人or親方も多いと思います。
実はこれ、全然難しくない。めっちゃ簡単に見分けられるんですよ。

①パッケージについているマークをチェック!

対象商品には、「セルフメディケーション減税」のマークがついています。

②レシートにつくマークでチェック!

OTC薬を購入すると、レシートに★マークがついてきます。
パッケージに気付かないでOTC薬を購入した場合でも、レシートを後で確認すれば、見落としもなくなります。

確定申告の時には、このレシートを1年分集めて、医療費の領収証と一緒に確定申告に使うことができます。

調査会社の調べでは、一般的な4人家族が1年間にセルフメディケーション減税の対象になる医薬品を購入する平均額は34000円程度。
家族構成やそのほかの医療費との関係で一概には言えませんが、数千円の還付は受けられる人がほとんどですから、使わないのはもったいないですね。

薬のレシートを無くしそうな人はスマホを活用!

オトクなセルフメディケーション減税を利用したい、でも、レシート1年分保管なんでメンドクサイ!
そういうときの心強い味方が、スマホアプリです。

Smart医療費、スマートレシートなどの無料で使えるスマホアプリを使うと、レシートが電子化できて、セルフメディケーション減税対象商品の計算も自働的におこなってくれて楽チン!です。レシートは確定申告の前にコンビニでまとめてプリントアウトすればOKです。

対象になるドラッグストア、薬局が限定されているのがちょっと辛いところではありますが、レシートを無くさないで済むし、ポイントカードサービスなどの連動もできるので、ヨメ鳶に入れておいてもらうといいかも!

ラクに申告を済ませるお助けアイテムとしてもオススメです!

制度についての詳しい説明はこちらでもみることができます。

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事