鳶人TOP > バラエティ

【鳶バラエティ】夏の「手のかゆみ」原因と対策!

kuchikomi722_TP_V

夏になるといつも手がかゆくなる!

てのひら、指などに赤いブツブツや水ぶくれができる。皮がむけて、細かい破片が出る・・・

そして、かゆい!!

こんな症状に悩まされている鳶職人いませんか?
夏の手の痒みや湿疹の原因・対策をみていきましょう!

手にできる湿疹にも種類がある!

夏になると手にできるブツブツ、痒くて厄介なコレにもいくつかの種類があります。

・主婦湿疹

・汗疱(かんせん)

・蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

・手白癬

主婦湿疹は名前の通り女性に多く、家事で使われる洗剤などの刺激で起こるもので、中にはアレルギー性の湿疹の場合もあります。

手白癬は「手にできる水虫」のことで、原因になるのは白癬菌=水虫菌です。これは皮膚科で治療が必要な症状であり、足や爪などほかの場所にも水虫ができていることがほとんどです。この場合は、きちんと治療しないと、なんども症状がぶり返します。

少し面倒なのが「汗疱」とよばれる湿疹です。次章で詳しくご紹介します。

体質?アレルギー?詳しいことが分かっていない手湿疹たち

手湿疹の中には、痒みやブツブツ、水ぶくれや手の皮が剥けてはがれる症状をくりかえすのに、原因が全く分からないものもあります。

汗疱と蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)が、それ。

両方とも、小さな水膨れが手のひらにたくさんできて、やがて破れて皮がむける、発症するときにかゆみや痛みが出ることもある症状が特徴です。

蹠膿疱症は手のひらの手首に近い部分だけに症状が出るため、汗疱と別の病気と診断する皮膚科もありますが、はっきりわかっていません。
汗疱は発症の時だけは痒みがありますが、皮がむけてしまえばその後はなんともなく、特になにもしなくても1か月ほどで自然と治ります。

多くの場合、数年間繰り返して症状が現れるのに原因がはっきりしないため、根本的な治療方法がなく、毎年くりかえして現れることが多いのだそうです。蹠膿疱症は細菌感染が疑われる場合もあるそうです。

症状が酷い人では、洗剤などの刺激によって主婦湿疹を併発させて、手の皮だけボロボロになってしまうこともあるそうです。

手湿疹かな?と思ったら早めに皮膚科へGO!

kahunn2

手湿疹になったときにつらいのは、強い痒みと水ぶくれです。毎年繰り返すケースも多いのですが、その分、対症療法は進歩しているのも事実。なったかな?と思った段階で受診すれば、症状を軽いうちに収めることができるようになっています。

ステロイド剤や病気によっては抗生物質が有効なこともあり、ここはプロに任せた方が安心!
怪しいな?というときは、早めの受診をオススメします。

友達にも鳶の事を教える。

新着足場鳶求人

関連記事